風評被害対策会社の真実。実際書き込みを消せるの?

風評被害対策会社は、特定の個人や企業が将来的に被るかもしれない不利益なことを未然に防いだり、既に流れてしまっている根拠のない噂などの拡散を止めてくれる存在です。主にはネット上での風評被害に働きかけてくれ、依頼をすれば問題の解決へと尽力してもらえます。インターネットが急速に普及し様々な情報や噂が飛び交うようになった現代では、とても頼りになる会社だと言えるでしょう。今や突然風評被害に遭うリスクは、どこの誰にでもあるのです。

それではこういった会社が一体どのようなことをしてくれるのか、具体的に触れていきます。まず代表的な仕事としては、サイトなどに書き込まれてしまった根拠のない嘘の情報を削除してくれます。簡単に削除とは言っても、たとえば本人の代わりにサイトの管理者へ連絡を取ったり、場合によっては法的な措置で削除を試みてくれる可能性もあります。同様にネット上で掲載されている画像や動画についても、アプローチをしてくれます。本人の意思に反して掲載されてしまった写真、あるいは特定の団体や企業の利益を損なうネガティブキャンペーンをテーマにした動画など、仕事の対象になるコンテンツは豊富です。

加えて、逆SEO対策にも力を入れています。SEOとは検索順位のことなのですが、検索サイトでの検索結果上位にそうした風評被害の原因になるページが来ないよう工夫をするのです。それを逆SEO対策と呼び、とても大きな効果が期待できるものでもあります。また、全く身に覚えのないことや理不尽な誹謗中傷をされてしまった場合、その書き込みの削除はもちろん書き込んだ人物を特定してくれることもあります。これは書き込み者のIPアドレスから契約しているプロバイダを突き止め、プロバイダ会社に個人情報を開示してもらうことでどこの誰かを特定するものです。一般の人が真似してやろうと思ってもできるようなことではありませんので、どうしても個人の特定をしたいときには依頼するのがベストでしょう。

新たな被害を抑制する仕事として、風評監視サービスというのを展開している会社もあります。特に誹謗や中傷に関しては一度対策を取っても、また次から次へと書き込まれてしまう可能性が高いものです。そんなときには、このサービスを利用して不安を軽減することが可能です。たとえば大手の掲示板を徹底的に監視し、依頼者にまつわるデタラメな情報が書き込まれたらすぐに削除の方向へ動きます。これによって再び被ったかもしれない風評被害を未然に防ぎ、不利益なことの発生を予防できるわけです。被害に遭うことを長期的に防ぐことができますので、積極的に依頼をして損はないと言えるでしょう。

風評被害(ネット)の対策方法3つのポイント

インターネットは手軽に情報を手に入れたり発信できる手段として便利なものです。
しかし、その便利さが逆に風評被害を悪化させてしまうこともあり、注意が必要です。企業の場合は商品やサービスに対する悪意のある評判が広がってしまったり、個人では自分の名前や住所などの個人情報を流されてしまうことなどが挙げられます。

よく見られるのは汚い言葉を使った根拠のない書き込み、不確かな情報を無責任に書き込まれて撒き散らされたり、誤った情報で関係のない人に根拠のない嫌がらせや悪口を書き込まれるというケースが多いのが現状です。
風評被害にあってしまった場合には、きちんと対策していくことが大切となります。
嫌がらせや悪口を書き込まれた、住所を流されたりなどした場合には、投稿者に警告をして、削除したり取り消してもらうことがベストといえます。
そうすることで今後情報が広がっていくのをウセグことができ、書き込みを見た人が同じように広めてしまうのを防ぐ警告となります。

比較的平和な解決手段といえるため、炎上する自体も防ぐことができ、その悪口などが事実ではないことを表せます。
このような警告をする場合には、冷静で簡潔な文で警告することが重要です。書き込みが名誉毀損となることも伝え、書き込みを続けるようであれば法的措置も考えていることを記載します。
また、実際に法的措置を取るときの証拠として、記録をしっかりとって、証拠を残しておきます。

それでも書き込みがやまないという場合には、弁護士に相談して内容証明郵便を送ります。ただし、この方法は風評被害を起こしている人が特定できない場合には難しい方法です。
近年では、警察によるインターネットの違法な書き込みや誹謗中傷に対する取り締まりに力を入れているため警察に相談するのもオススメとなります。
掲示板やブログに対しては、削除依頼をすることで書き込みを削除してもらうことができます。しかし、自分で削除依頼を行うのは難しいと考えらます。

そんな時には風評被害の対策をしてくれる業者に頼む方法がオススメです。
業者の選び方としては、担当者の対応が丁寧で話しやすい、料金がわかりやすく、信用のできる会社であるのかを注意しながら選んできます。
インターネット上の風評被害を自分だけで解決するのは難しいと考えられます。弁護士や専門業者など法律や専門知識がある人に頼ることによってきちんとした対策をとれるようになります。

ネット上で風評被害にあった場合の対処法

ネット上における風評被害でありがちなのは、口コミサイトでのものです。具体例を挙げると、この整骨院は適当に体を触り、あたかも治したかのように言われたが、全然治らない、ここは怪しいというのも風評被害の1つです。それを見た人は、事実であると思い込んでしまい、さらにその話を聞いた人が別の印象を覚え、どんどんと悪い印象が先行していきます。すると、ネット上ではこの整骨院は怪しい、セクハラまがいのことをしたと全くもって事実ではない書き込みで埋まってしまい、営業妨害につながることもよくあります。

近年は口コミサイトや評価をするサイトなどが出て、その評価を見てどこに行くかを決めるケースが増えています。有名なところであればなんとかなりますが、個人でやっているようなところだと、例えば1人に因縁をつけられ、その1人がせっせと低評価ボタンを押し、誹謗中傷の書き込みをした結果、それがあたかも本当であるかのように無関係の人に捉えられ、最終的に印象を損ねていくことも見られます。一度そうなると挽回をするのは大変であり、こうしたこともネット上の風評被害の1つであると言えます。

ただ、これらのことはネットならではの出来事と思っている人も少なくありませんが、昔からこうしたことは起きています。たった1人の冗談、嘘などが大きく膨らみ、最終的に大問題となったことは過去に何度もあります。銀行の取り付け騒ぎなどもその始まりは女子高生の噂話、冗談だったと言われています。それが尾ひれがつき、どんどん変化していき、最終的にそうした騒動になってしまいました。つまり、風評被害のメカニズムとして、1人の悪意のあるコメントが多くの人を誤解させ、それが既成事実化するというのが今も昔も起きているということです。

これらを防ぐためには、誹謗中傷には毅然とした態度を取ることです。削除をすることで、やましい情報を隠そうとしたと思われ、無関係の人まで参戦しようとします。そのため、明らかな誹謗中傷には裁判で訴え、その事実を公表し、勝訴したことを伝えれば、大変な目に遭遇したというのが分かります。一見するとかなりの出費で損のように感じますが、放置をすればそれ以上のマイナスが降りかかることになります。

現状として、放置をすれば解決しないというのは過去の例から見ても明らかです。明らかに不当な噂、事実無根のものには毅然とした態度、対応を取ることで解決するケースがほとんどです。