風評被害(ネット)の対策方法3つのポイント

インターネットは手軽に情報を手に入れたり発信できる手段として便利なものです。
しかし、その便利さが逆に風評被害を悪化させてしまうこともあり、注意が必要です。企業の場合は商品やサービスに対する悪意のある評判が広がってしまったり、個人では自分の名前や住所などの個人情報を流されてしまうことなどが挙げられます。

よく見られるのは汚い言葉を使った根拠のない書き込み、不確かな情報を無責任に書き込まれて撒き散らされたり、誤った情報で関係のない人に根拠のない嫌がらせや悪口を書き込まれるというケースが多いのが現状です。
風評被害にあってしまった場合には、きちんと対策していくことが大切となります。
嫌がらせや悪口を書き込まれた、住所を流されたりなどした場合には、投稿者に警告をして、削除したり取り消してもらうことがベストといえます。
そうすることで今後情報が広がっていくのをウセグことができ、書き込みを見た人が同じように広めてしまうのを防ぐ警告となります。

比較的平和な解決手段といえるため、炎上する自体も防ぐことができ、その悪口などが事実ではないことを表せます。
このような警告をする場合には、冷静で簡潔な文で警告することが重要です。書き込みが名誉毀損となることも伝え、書き込みを続けるようであれば法的措置も考えていることを記載します。
また、実際に法的措置を取るときの証拠として、記録をしっかりとって、証拠を残しておきます。

それでも書き込みがやまないという場合には、弁護士に相談して内容証明郵便を送ります。ただし、この方法は風評被害を起こしている人が特定できない場合には難しい方法です。
近年では、警察によるインターネットの違法な書き込みや誹謗中傷に対する取り締まりに力を入れているため警察に相談するのもオススメとなります。
掲示板やブログに対しては、削除依頼をすることで書き込みを削除してもらうことができます。しかし、自分で削除依頼を行うのは難しいと考えらます。

そんな時には風評被害の対策をしてくれる業者に頼む方法がオススメです。
業者の選び方としては、担当者の対応が丁寧で話しやすい、料金がわかりやすく、信用のできる会社であるのかを注意しながら選んできます。
インターネット上の風評被害を自分だけで解決するのは難しいと考えられます。弁護士や専門業者など法律や専門知識がある人に頼ることによってきちんとした対策をとれるようになります。