twitterやfacebookからの投稿、2ちゃんねるへの書き込み、個人ブログからの発信、検索サイトのネガティブキーワード等々…風評被害には様々な種類がありますが、対策をして投稿を削除ができて無事解決したとしても、そこで終わりと考えていませんか?

実は風評被害は対策をしても再発しやすいものなんです。そこで今回はなぜ風評被害が再発しやすいのかを分かりやすくまとめてみました。

風評被害が再発しやすい理由

理由はいくつかあります。まず、SNSや匿名掲示板などへの風評被害となる投稿や書き込みがあった場合、基本的な対策としてはその投稿や書き込みを削除することが目標となります。そして無事に削除できたとしても、その書き込みや投稿自体は削除されても、その書き込みや投稿をした張本人に対しては何もしていないことになります。するとどうなるか、張本人に悪意がある場合や悪いと思っていない場合は再度同じように書き込みや投稿をする可能性があります。

また、張本人がやらなくとも、すでにその書き込みや投稿を見ていた第三者が悪意を持ったり、また悪ふざけで同様の書き込みや投稿をしてくるといった場合もあり、投稿されては削除してまた投稿されては削除してというイタチごっことなってしまう場合も少なくありません。

また、投稿した張本人やそのまわりの第三者もその場では収まったとしても、インターネット上で一度広まってしまった風評被害はどこかにコピーされた情報が残っている場合も多く、何かのきっかけで再び同様の風評被害が再発する可能性も常にあります。

どうすれば風評被害が再発しないのか

それでは風評被害対策は無意味なのか、というともちろんそうではありません。再発を防止する策もいくつかあります。例えば、風評被害を投稿したり書き込んだ張本人に対して損害賠償請求や刑事告訴、被害届などの法的措置を実施することです。

これらは風評被害対策会社から紹介された弁護士に依頼する等などの必要があり、さらに費用や時間もかかってしまいますが、上手くいけば張本人に対して再度投稿するという気を消失させ、風評被害を根元から絶つことができますのでかなり悪質な風評被害を受けている場合などは特に有効です。

また、投稿や書き込みだけを削除するのではなく、張本人ごとアカウントの停止や退会処分にしてもらうという方法もあります。この方法はSNSやブログなどにアカウントを持っている場合や入会していることが条件となり、匿名掲示板などでは難しいということがあります。またアカウント停止や退会処分はSNSやサイトの運営者も簡単には実行しないので必ずできるとは限りませんが、実行できれば再発防止としてはかなり有効な手となります。

風評被害に対する心構えとして

風評被害は基本的に顔が見えない相手との闘い、またほとんどはコピーが簡単なインターネット上のデジタルデータということを考えると、もはや「再発するのが当たり前」というぐらいの気持ちでいる方が良いのかもしれません。

だからといって再発した風評被害を放置していれば、せっかくの風評被害対策が無駄になりかねません。イタチごっこになろうとも、お金や時間がさらにかかることになろうとも、焦らずにその都度しっかりと対応する必要があります。根気を失ってそこで対応をやめてしまえば、対応し続けるよりもさらに大きく大切なものを失う可能性があることを忘れないないようにしなければいけません。

逆に、対応し続けている限りそれ以上は風評被害が拡がらない、というように気持ちを切り替えていくことも風評被害対策には必要なのかもしれません。

こうして考えると風評被害対策とは本当に根気のいる作業ですが、インターネット上の風評の重要性は今後も重くなり続けるでしょうから、やはり風評被害対策は再発しやすいことも頭に入れながら、上手く付き合っていくことが失敗しないコツなのだと思います。